テアシスを学ぶ

4月のテアシスプログラムセミナー

2F6366F1-E341-4951-93C9-03DE4579D588

皆さんこんにちは。

川口です(^-^)

 

今週末の研修会ですが、

緊急事態宣言が出ている今、開催をするべきか否か、

悩んでいました。

 

僕としては先日の

「TEASHISの患者各位」

と題したブログで書いてあるように、

 

きちんとした対策を徹底していれば何も心配することはない。

 

むしろ大切なご家族や患者様をコロナから守るためには1秒でも早く、

皆さんの

技術レベルを上げることを最優先すべきだ。

と考えています。

 

とはいっても皆さんや皆さんの周囲の人には心配して、

「行くのやめといたら?」とおっしゃる人もいるでしょうね(´・・`)

 

 

かといって研修会をお休みしちゃうと、

せっかく毎月頑張って参加してくれている人の学びのサイクルが途絶えてしまうし…

 

そこで苦肉の策ですが、

今回は初のウェビナー(Webセミナー)開催にすることにします(`・ω・´)

 

皆さんZoomっていうのご存じですか?

 

コロナの影響で多くの企業ではリモートワークに移行しているというのはご存知ですよね。

 

僕もミーティングなんかでよく使っていますが、

簡単に言うとテレビ電話的なものです。

 

手順はとても簡単です。

Zoomっていうアプリを入れるだけです。

 

あとはお家でもカフェでも公園でも、

ネットが繋がるスマホやタブレット、PCの前で待ってていただければ、

時間になれば僕から招待のURLが届きますのでそこにアクセスしてください。

 

タイムリーに画面を通して講義に参加することができます。

 

Zoomのいい所は、

動画配信のように一方通行ではなく、

僕も皆さんの顔を見ながらお話することができます。

 

嬉しいことに無料で一度に100人まで参加することができるスグレモノです。

 

ただし無料バージョンの場合は40分経つと切れてしまいますので、

再度URLをお送りしますので途切れてもうろたえずに待っていてください(´ε` )

 

zoomの設定については明日大向から案内があると思いますので確認しておいてくださいね。

 

 

11時開始で終わりは何時になるか分かりません💦

たぶん講義30~40分、

その後技の簡単なレクチャー、

になるので2時間も3時間もかかることはないと思いますが…

 

参加費は無料です(・∀・)b

 

一方的なセミナーというよりも座談会的な感じで気楽にできれば、と思いますので

お菓子やコーヒーを各自ご用意ください。

ビールもありです( ー`дー´)キリッ

 

 

今回は実験的に開催しますので不手際もあると思いますがご容赦くださいませ( ˊᵕˋ ;)💦

 

あ、

 

もし本部に来たい人がいるようでしたら来てもらっても全然構いません。

何か得るものがあると思います( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 

ということで今回の講義のご案内です。

 

ここ数ヶ月、

「治療家として成功するため」

の講義をしています。

 

前回は、

まずはコミュニケーションをちゃんととれないとこちらの話を聞いてもらえない…

 

そもそも人は「何を言うか」

よりも

「誰が言うか」

ですから、

どうすれば話を聞いてもらえる人になることができるのか?

それも来院して数分の間に…

 

というお話をしました。

 

今回は、

無事に話を聞いてもらえるようになったと仮定して、

次のステップ

「教育」

です。

 

TEASHISの技術をフルに活かすには

患者さんにTEASHISってどういうものなのか?

 

どのように生活すれば順調に治療を進めることができるのか?

 

など、

 

僕らには患者さんに教えたいことが山ほどあります。

 

でも往々にして伝わらないことってありますよね?

 

この「教育」というのは本当に奥が深くて1回や2回の講義では伝えきれないことばかりです。

 

ですが、

ある原則をきっちり理解して、

実践することによって嘘みたいに伝わるようになります。

 

僕もまだまだ研究中ですが、

僕の経験を踏まえて

「どうしたら教えたいことが伝わるのか?」

 

ということをお話したいと思います。

 

 

そして今月の課題技です。

 

今月の課題技は

「仙腸関節回旋アプローチ(仰臥位)」

です。

 

TEASHISでは技術レベルが上がれば上がるほど、

動きのある技がなくなってきます。

 

最終的には筋肉の緊張、弛緩をコントロールするのに経絡や経穴を使うようになるので患者さんの体を動かすことはなくなります。

 

実際僕の施術の現場ではそうなっています。

その中で唯一、患者さんの体を動かす技が今回の

仙腸関節回旋アプローチです。

 

それほど重要な技だということです( ̄^ ̄)ゞ

 

今回はWEBでのレクチャーとなりますのでどこまで伝わるかわかりませんが

随時質問を受け付けながらやりたいと思います。

 

それでは今度の日曜日、画面の中でお会いしましょうヽ(*´∀`)

ABOUT ME
アバター
川口太威智
【取得資格】柔道整復師、鍼師、灸師、あんま指圧マッサージ師【主な活動】治療院を運営する傍ら(株)TEASHISの代表を務め、関東・関西に20店舗以上の認定院を構えています。東京と大阪で毎月70名以上の医療従事者を対象に技術セミナーを開催。ニューヨーク・ロサンゼルス・ラスベガス・ハワイ・台北・シドニー・ケアンズ・バリ島など海外での講演実績も多数、平成28年は3日間で7000名の医師・歯科医師が参加した医学会(抗加齢医学会)でも講演しました。国内外問わず治療家・育成家として活動しています。