研修生へ

技は足から?

皆さんこんにちは

川口です(^-^)

 

先日のセミナーで、「足を治すことが重要」

と言いましたが、

セミナー後僕のところにきたLINEでの質問に

「技は足からかけた方がいいんですよね?」

とありました。

 

どうも誤って伝わっていたようなので確認しますね。

 

「技は足からかけた方がよい」ということはありません。

 

検査、(アドバンス、コア、プロコースの人はメソッド)が一番確実だと思われる場所から技をかけましょう。

 

「なるほど、入口はわかった。

ではどの技から使えばいいのか?」

 

もちろん自分が一番信頼している完成度の高い技からです。

 

技をかけては検査、骨指標で常に確認します。

 

最終的に足をきっちり治すことが重要だと言う意味でお伝えしたつもりです。

 

必ずしもたくさんの技は必要ありません。

 

検査が確実だという自信があれば1つ、2つの技だけでも十分効果はでます。

 

仕上がりを確認する際の目安として、

足を揃えるのはもちろんですが、

 

ベーシックの先生は腰椎がまっすぐに、左右の腸骨稜の高さが揃っているのかどうか。

 

アドバンスの先生は腰椎、特にL5をきっちりと。

その正中線上に尾骨が収まること。

さらに骨盤を三次元的に本来の姿になっているのか、の確認。

 

コアコースでは上記に加えて、

先日習った「首」「肩甲骨内上角」を揃えること。

 

プロコースの先生は「顎の整合性」まで追究したいですね。

 

ここまで確認できれば安心して患者様をお帰ししてもいいと思います。

 

仕上がりをきっちり確認できるかどうかがTEASHISの施術の生命線です。

 

特に「骨指標が正確にとれているのか?」

 

めちゃめちゃ重要です。

 

 

「ん?どういうこと!?よくわからん💦」

という方は次回のセミナーの時にお答えするので必ず質問してくださいね(*´▽`)ノノ

 

 

 

 

ABOUT ME
アバター
川口太威智
【取得資格】柔道整復師、鍼師、灸師、あんま指圧マッサージ師【主な活動】治療院を運営する傍ら(株)TEASHISの代表を務め、関東・関西に20店舗以上の認定院を構えています。東京と大阪で毎月70名以上の医療従事者を対象に技術セミナーを開催。ニューヨーク・ロサンゼルス・ラスベガス・ハワイ・台北・シドニー・ケアンズ・バリ島など海外での講演実績も多数、平成28年は3日間で7000名の医師・歯科医師が参加した医学会(抗加齢医学会)でも講演しました。国内外問わず治療家・育成家として活動しています。