ご利用者様へ

「体のゆがみのしくみって?」テアシスプログラムってなんだ?VOL.2

FD4A4BCA-CE84-48F4-A1FA-63B43542963B

こんにちは。

TEASHIS(テアシス)の川口です。

 

前回はテアシスプログラムを受けに来られている患者様が

どのような症状を抱えて来院されているのか、

というお話をしました。

 

「ふむふむ、なるほど。

つらい症状の人でも、歪みをなおせばよくなっているのはわかった。

じゃあ

そもそも体のゆがみってどうなってるの?」

 

という疑問にお答えして

 

今日は

【体のゆがみのしくみ】

についてお話します(´∇`)

 

どんな感じか、見た方が早いのでお見せしますね。

[surfing_su_youtube_ex url=”https://youtu.be/SwJdLXVXVPg”]

体ってけっこう変化するでしょ?

 

ようするに

骨が歪むのは骨が悪いのではなく

さまざまな理由で

「筋肉や神経のバランスが崩れる」

のが原因です。

なので施術方法は全て筋肉や神経の調整になります。

 

難しい理論はまた別の機会にお話しますが、

 

TEASHISの原理を簡単に説明しますね。

 

 

まず人体解剖学の基本ですが

骨を支えているのは筋肉です。

CAF0A044-771D-4165-8489-E67A6DD7B0ED

 

動画でもテントの例でお見せしたように

骨を支えている左右の筋肉

37D1378D-9B8E-4A01-9DA3-104E856C5B4E

 

その片方が縮んでしまうと反対側の筋肉は緩むようになっています。

1608BDD6-7347-4CE3-B680-CFB383EFAF01

そうすると骨は縮んだ筋肉に引っ張られて曲がります。

 

人の体は全身が相互に干渉しあっていますから、

一ヶ所が狂うと全身に波及します。

 

こうして体は歪んでいきます。

9219321F-403D-4A19-A807-23FF6479D985

 

 

では、

TEASHISではどのように体の歪みをなおしているのか

説明します。

 

先程から申し上げているように

筋肉の緊張、弛緩のアンバランスが歪みの原因

なので、

その縮んだ筋肉、緩んだ筋肉を調べます。

 

その方法は

【体の歪み解析メソッド】

という解剖学生理学に基づいた方法で

筋肉の緊張弛緩を確定していきます。

 

そうして、

どの筋肉が縮んでいて、どの筋肉が弛緩しているのかを見つけたら、

あとは

「縮んでいる筋肉は弛緩させ」

「弛緩している筋肉は緊張させる」

という作業をしていくだけです。

筋肉や神経のバランスが取れれば

骨格は自然にまっすぐに戻ってくるのです

                   249A6621-5EF0-49EE-82F4-16719DBF68E4

具体的にどのようにして筋肉を緊張弛緩させるコントロールをしているのか、

という原理のお話は次の機会にしますが、

 

TEASHISでは

どのような症状の患者様が来られても、

やっていることはこれだけです。

 

ということは骨折や切り傷、火傷のような

組織そのものの損傷を治すことはできません。

 

それはお医者さんの仕事だとご説明して

病院へ行ってもらいます。

 

しかし、

治療院に来られる患者様のお悩みの大半は、

実は怪我による組織の損傷よりも、

体の働きが悪くなって症状をきたしているものがほとんどなのです。

 

 

治療院に来院される患者様の症状

ワースト1の腰痛

2位の肩こり

3位の頭痛

4位の膝痛など…

 

これらの症状は(稀に腫瘍や脳卒中のようなものはありますが)

基本的に組織の損傷ではなく、

体を歪ませた結果起こる、働きが悪くなって起こる疾患です。

 

これらの疾患にはTEASHISは抜群に効果を発揮します。

 

また、前回のブログに出てきた病院でも改善がみられないようなものでも、

実はこの部類に入るものが多いのです。

 

なので、

アレルギーや婦人科疾患、

高血圧やパニック障害、

最近では糖尿病やバセドウ病と診断された人にも目覚しい改善が見られています。

 

体の歪みと病気との因果関係はまだまだ未知の部分が多く、

はっきりと証明されるには今後の研究が必要です。

 

しかし、現場の患者さんは待ってくれません。

僕達現場で働くものの役割は、

とにかくたくさんの患者様に喜んでいただくために技を磨く事

だと思っております。

 

毎月大阪、東京で開催しているテアシスプログラムの研修会では多くの治療家の皆さんや、

最近では一般の主婦の方もテアシスを学びに来られています。

EE11BBE6-03D8-43A6-B8DD-7D4719E5654C 850E08A7-3455-4130-8C47-F5E0A306F205

研修生の皆さんはメキメキ上達され、

その成果はいつも見せてくれる症例報告で伝わってきます。

 

皆さん時間を忘れて技の練習に励んでいますが、

そのモチベーションはどこから来ているのかというと…

治せなかった人を治せた時の嬉しさ

ーーーー

これに尽きます(◦ˉ ˘ ˉ◦)

ーーーー

僕自身、何のために研修会開催しているのかというと、

ーーーー

同じ志を持った仲間と自分も一緒に学びたいから

です。

ーーーー

彼らと話している時は本当に楽しいし時間を忘れます。

ーーーー

僕が日々試行錯誤して人体の不思議に挑んでいますが、

時折魂が震えるような大発見があります。

ーーーー

「これはマジでノーベル賞もんじゃないの?💧」

ーーーー

と思うこともしばしばです。

ーーーー

そんな発見を同じように興奮して喜んでくれるのが彼らなんです。

だから彼らと共に学んで共に成長したいと心から願っています。

ーーーー

それと、

まだ僕が出会っていない治療を志す人に、

「治せるようになる喜びを届ける」

ことができたら嬉しいなぁと思っています(*´ω`*)

ーーーー

ーーーー

この

【テアシスプログラムってなんだ?】

シリーズはしばらく続くと思います。

次はもう少し掘り下げてお話します。

ーーーー

ーーーー

それでは今日はこの辺で。

最後まで読んでいただきありがとうございました( *ˊᵕˋ)ノ

ABOUT ME
アバター
川口太威智
【取得資格】柔道整復師、鍼師、灸師、あんま指圧マッサージ師【主な活動】治療院を運営する傍ら(株)TEASHISの代表を務め、関東・関西に20店舗以上の認定院を構えています。東京と大阪で毎月70名以上の医療従事者を対象に技術セミナーを開催。ニューヨーク・ロサンゼルス・ラスベガス・ハワイ・台北・シドニー・ケアンズ・バリ島など海外での講演実績も多数、平成28年は3日間で7000名の医師・歯科医師が参加した医学会(抗加齢医学会)でも講演しました。国内外問わず治療家・育成家として活動しています。